>

ハローワークの求人票とは何なのか

会社名からたどる口コミの探し方

ハローワークではインターネット環境を提供していないので、求人票に記載されている企業についてその場で情報を得ることは困難です。
しかし、一旦ハローワークを離れ、インターネットに接続すれば、企業に関する情報を簡単に得ることができます。

例えば、インターネットの検索エンジンに「○○(企業名)評判」と入力するだけで、インターネット上の様々な口コミが表示されます。
ここで注意したいのが、ハラスメントなどのトラブルや、法令違反のトラブルがないか、ということです。

社員は中にいるとなかなか実態を言い出せないので、辞めてからインターネット空間で情報を開示するパターンが多いです。
もし、これらの情報が出回っているようであれば、早い段階での辞退を考えた方がいいでしょう。

職種名から得られる情報は少ない

ハローワークの求人票には「仕事の内容等」ということで職種などが書かれていますが、この部分は正直に言ってあまり参考になりません。

例えば「一般事務」という求人が出ている場合、仕事の内容で入力作業などと書かれていても、実際はお茶くみや清掃、コピー取りといった雑務が入ってくることがほとんどです。
また、技術職であっても、最初の試用期間は雑用から入ることが多くあります。

相当の経験者でない限り、仕事の本丸に最初から入れるパターンは少ないと考えた方が良さそうです。
特に経験不問の職種ほどこういったパターンが多いので気をつけましょう。
逆に経験者の場合、仕事の内容以上の業務を最初から要求されることもあるので、そのあたりは面接で見極めましょう。


この記事をシェアする